期間限定 ペルー/セコバサ 100g

販売価格 700円(税込)
購入数

豆のまま
細挽き(直火式エスプレッソ用)
中挽き(コーヒーメーカー ・ ペーパードリップ用)
粗挽き(コーヒープレス用)
期間限定コーヒー豆 ペルー/CECOVASA農協

スパイシーな香りと黒糖を思わせる甘味

酸味 なし
苦味 ★★★★
甘味 ★★★★★
香り ★★★★★
コク ★★★★


【国】   ペルー
【標高】  1300〜1700m
【エリア】 プティナ・プンコ、プーノ
【品種】  カトゥーラ、ティピカ
【農園名】 CECOVASA農協
【生産処理】 フリーウォッシュド
【生産者】  サンディア渓谷地区の小生産者



南部のボリビア国境近くから



CECOVASAは、CEntral de COoperativas de agraria cafetarelas de los VAlles de Sandia(サンディア渓谷地区コーヒー生産者協同組合)の略です。 ペルーは日本の約3.5倍と大きな国で、コーヒーはこの広い国土のほぼ全域で生産されております。古くからコーヒー生産の行われていたのは、同国北部のカハマルカ、アマソナス、中部のチャンチャマヨ地区が有名です。
今回ご紹介するのは同国南部、南東の国境はボリビアと接している高地プーノの山奥・サンディアのコーヒーです。この地域はボリビアに近いこともあり、アイマラ語族が暮らしております。


プーノにおけるコーヒー生産




また、このエリアのコーヒーはペルーの他の地域とはコーヒーの出自が全く異なるのが特徴です。もともと標高3800m近辺のチチカカ湖近郊に住んでいたアイマラ族は、1930年代にラニーニャ現象の影響を受け土地の肥沃な「低地」を求めました。(ここでいう低地は1800mの高地です)。そうして、移住したサンディア渓谷エリアでは、ボリビアのユンガス地域で働いていたアイマラ族の労働者により、コーヒーの木が植えられました。現在に至ります。
そのため、栽培方法、及び品種はボリビアに似ており、在来種の割合が多いためか、そのフレーバーはエキゾチックさを増します。



セコバサの取り組み




セコバサではカッピングコントロールを最重要とする品質管理が徹底され、トレーサビリティ、農業指導はペルーでも最高のレベルであります。セコバサはチチカカ湖より、北部へ車で10時間ほど山奥のプティナプンコという町にあり山深い土地ながらも、ペルー屈指の高品質なコーヒーを生産するエリアとして名高い所以は、そうしたクオリティの高さによるものです。SCAAなどの品評会でもそのクオリティは高く評価され、米国のスペシャルティバイヤーの中でも一つのブランドを築きあげております。 ぜひ南米トップクオリティロットをご賞味ください。

Detail


  • facebook
  • instagram
  • Twitter

宅配便   → 6000円以上無料

メール便  → 2000円以上無料

【店舗情報】
珈琲豆の小売、卸売。 他にカフェオレベース、ドリップバック、リキッドアイスコーヒー、ギフト商品を販売しております。
現在、喫茶の営業はテイクアウトのみとなります。
営業時間 13時〜18時00分
定休日 木曜・金曜

TEL:0544-57-9107