コーヒーメーカーは楽だけどなんか味気ない….。

でもハンドドリップで入れるコーヒーってなんだか難しい・・・。そんなイメージがありませんか?

そこで今日は誰でも簡単に出来るドリップコーヒーの入れ方を紹介します。

 

 

用意するもの

・円錐ドリッパー

・ペーパーフィルター

・サーバー(無くても可)

・お湯

・美味しいコーヒー豆(中挽)

 

準備するものを説明していきます

円錐ドリッパー

基本的に円錐のドリッパーであればなんでも構いません。

おすすめは【ハリオ02円錐ドリッパー】

アマゾンで300円程度で売られてますし普通にハンドドリップする場合にも良い味を出してくれます。

 

 

ペーパーフィルター

ハリオ02用の円錐フィルター。サイズと形が合えば他のドリッパーでも使えます。

 

 

サーバー

これは無ければ耐熱容器であれば何でも構いません。

 

 

お湯

水道水なら浄水器を通したものがおすすめです。

ミネラルウォーターであれば軟水がおすすめ。

 

 

美味しいコーヒー豆

素材となるコーヒー豆が美味しくなければ美味しくなりません。

 

 

淹れ方の説明

今回はマグカップ2杯分での説明になります。

最後に1杯分のレシピも載せますので参考にしてみてください。

 

1、まずコーヒー粉を用意します。

挽き目は中挽き(ペーパードリップ用)で分量は28gです。

 

 

2、コーヒー粉をサーバーに直接入れます

え?ドリッパーじゃなくてサーバー?

大丈夫です!サーバーに直接入れてください!!

ちなみに今回はサーバーを使用しましたが耐熱容器であればなんでも大丈夫です。

 

 

3、お湯を沸かします。

温度は85度前後がおすすめ。沸騰したての熱湯は避けてください。

沸騰したてのお湯(100℃)を他の容器に移すと約10℃くらい下がるので2回移せば大体80℃です。

お湯の量は500CC用意します。

 

 

4、お湯500ccを全て、粉の入ったサーバーへ注ぐ

通常のハンドドリップではお湯はゆっくり少しづつ注ぎますが今回のやり方では一気に勢いよく入れてOKです。

 

 

5、お湯を全て注いだらそのまま3分待ちます

 

 

6、待ってる間にドリッパーにペーパーフィルターをセットし下に受けとなるサーバーを置きます。

今回はサーバーを使用しましたが耐熱容器ならなんでもOKです。

1杯分ならマグカップの上に直接置いてもいいですね。

 

 

7、3分経ったらコーヒーをドリッパーに注ぎます。

ドリッパーからコーヒーが溢れないように注意してください。

 

 

8、全て注いだらそのままコーヒーが落ちきるのを待ちます。

円錐ドリッパーを使用する理由にはこの時になるべくスムーズに落としたいからです。

カリタなど台形のドリッパーでもできますがスピードは円錐のほうが早いです。

 

 

全て落ちきったら抽出完了です。

ペーパーフィルターで濾しているので微粉も混じらずカフェでハンドドリップで抽出した味と変わりません!!

 

 

レシピ

一人分

コーヒー豆17g(中挽き)

お湯250cc

出来上がり量 マグカップ1杯分(約200cc)

 

 

二人分

コーヒー豆28g(中挽き)

お湯500cc

出来上がり量 マグカップ2杯分(約400cc)

 

 

いかがでしたでしょうか?

お湯を淹れて待つだけなのでレシピさえ守れば失敗無く誰でも簡単に美味しいコーヒーが入れることが出来ますよ!

豆の量やお湯の量を変えれば味も変わりますのでお好みに合わせて変えてみてくださいね。

 

 

まとめ

・準備するのは最低限ドリッパーとフィルターがあればOK

・レシピ通りやれば簡単に美味しいコーヒーが入れれる

・好みに合わせて豆やお湯の量を変えてみよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@友達追加で300円割引
  • facebook
  • instagram
  • Twitter
   

宅配便   → 今だけ6000円以上で送料無料

   

メール便  → 2500円以上で送料無料

【店舗情報】
珈琲豆の小売、卸売。 他にカフェオレベース、ドリップバック、リキッドアイスコーヒー、ギフト商品を販売しております。
静岡県榛原郡吉田町住吉188-1
営業時間 13時~18時00分
定休日 月曜・火曜