コーヒーについてもっと詳しくなりたい!でも何から始めればいいのかわからない・・・。

最近ではコーヒーについて学べる学校もあったりしますが通信講座でも何十万円とかかってしまう。

コーヒー教室なんかもいいですが中々時間が合わなかったりで行けないこともあると思います。

そんなあなたにおすすめの「これは読んで損はないよ!!」という本をご紹介します。

 

1. 珈琲ドリーム

え?漫画?

そうです!漫画です。

実はコーヒーに関する漫画って意外と多く出ているんです。

中でもこの珈琲ドリームはめちゃくちゃおすすめです。

ストーリーとしては老舗茶屋の跡取り息子という異色の珈琲バイヤーがコーヒーの世界を紹介してくれるというもの。

コーヒーに関する知識がゼロでも漫画になっているので読みやすく絵で説明される点もわかりやすいです。

読んでいくうちにそうなんだ!と思わせてくれることも多いです。

漫画なのでちょっとオーバーなリアクションがあったりコーヒー豆屋からするとここはちょっとちがうかな?ってとこもありますが、なにから学べば良いかわからないという方にはぜひ読んで頂きたいです。

1巻~5巻まで出ていて全て読み終わるころにはコーヒーの知識は相当深いものになってますよ!

ちなみにAmazonで見たら1円で売られてました笑

 

 

2.  コーヒー自家焙煎教本

こちらは漫画ではありません。

タイトル通り自家焙煎に特化した内容です。

コーヒーの本は多いですがなかなか自家焙煎に特化した本は無いんじゃないでしょうか。

これからコーヒー豆屋を始める方にはぜひ読んだほうがいい一冊です。

焙煎のやり方もそうですがそれ以外にコーヒー豆屋としての経営方法などが多く書かれています。

焙煎機の値段や設置スペース、資金繰りなど一般的に知られていないことも多く書かれています。

出版されたのが2001年なので情報が古く全てを鵜呑みにするのはおすすめしませんが逆に過去の

コーヒー業界の事情を把握できて面白いです。

また、焙煎技術に関してはデータよりも感覚に頼った内容で書かれているので書かれてるのが残念。

でもこれから自家焙煎店を始める人は是非読んで頂きたい一冊。

ちなみに豆の販売でなくカフェを目指す人は読まなくてもいいかなという感じです。

 

 

3. コーヒー自家焙煎 いざ!!開店

先ほど紹介した「コーヒー自家焙煎教本」の著者が2006年に出版した本です。

内容は上で紹介したような内容と同じですがこちらの方が新しいので情報も若干ですが新しくなってます。

いろんな人のケーススタディーが描かれていて面白いです。

 

 

4. コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために

感覚で語られることの多いコーヒー。

新鮮な豆はほんとにおいしいの?

カフェインの無いコーヒーは苦い?

お湯の温度で味が変わるの?

などなど!さまざまな疑問に対して科学的根拠を用いて解説してくれています。

とにかくコーヒーの事を論理的に知りたいという方にはおすすめです!!

コーヒーの仕組みがわかればいつも入れてるコーヒーがもっと美味しくなりますよ!

 

 

以上わたしが実際に読んでみてこれはおすすめと思った4冊でした。

コーヒーは様々な視点から追及するのが良いので1冊の本にこだわらず

いろいろなとこから情報を得るようにしたほうが良いですよ!!

 

 

まとめ

・マンガ好きには「珈琲ドリーム」

・自家焙煎店の開業を目指すなら「コーヒー自家焙煎教本」、「コーヒー自家焙煎 いざ!!開店」

・科学的な根拠をもとめるなら「コーヒー「こつ」の科学―コーヒーを正しく知るために」

 

 

LINE@友達追加で300円割引
  • facebook
  • instagram
  • Twitter

宅配便   → 10000円以上無料

   

メール便  → 全国一律 250円

【店舗情報】
珈琲豆の小売、卸売。 他にカフェオレベース、ドリップバック、リキッドアイスコーヒー、ギフト商品を販売しております。
現在、喫茶の営業はテイクアウトのみとなります。
営業時間 11時~18時00分
定休日 木曜・金曜